フルーコロナAGについて

今後の社会に求められるものは…

コロナ・インフル一括検査キット



新型コロナウイルス&インフルエンザA・B型


一括検査キット(研究用試薬)

フルーコロナAG



ご注文はこちら

3つの特長

迅速判定

●特別な機器不要
●15分で新型コロナとインフルを判定

信頼性

●新型コロナウイルス精度98.74%
●インフルエンザ検査精度95.5%
●CEマーク取得済み
●交差反応一覧あり

即納

●送料無料
●即日発送

経済正常化にむけて

職場においてのクラスター発生や、取引先への感染は大きな経済的損失に繋がる恐れがあるほか、物理接触の多い店頭やイベント会場等の現場では、大規模なクラスター感染を引き起こす可能性があります。 社員様の健康の為に、また御社の信頼維持の為に、感染を広げない事が大切です。

コロナ・インフル一括検査キット

ご注文はこちら

フルーコロナAG

新型コロナウイルス検査、インフルエンザ検査の
双方において、以下の精度が出ています

精度について

SARS-CoV-2抗原迅速検査について

臨床感度、特異性および精度

当検査キットは患者から得られた検体で評価されています。PCRを参照方法として使用しました。 結果は、当検査キットが全体的に高い相対度を持っていることを示しています。

インフルエンザ A/B 抗原迅速検査について

臨床試験データの概要

当検査キットの性能と細胞培養の比較

使用手順・結果の解釈

STEP 1 検査の準備

作業台に抽出チューブを挿入します。チューブがしっかりと立っておりスタンドの底に達している事を確認してください。

緩衝液を抽出チューブの下のマーク(約13~17滴、0.5mL)まで滴下します。

STEP 2 検体の採取

本品は研究用につき検体採取は人体に限りませんが、人体より検体を採取する場合は、医療従事者の管理下で実施しましょう。

●鼻腔

鼻の入り口2cm付近まで挿入した綿棒をゆっくりと回転させ十分湿らせます。

または

●鼻咽頭

綿棒を鼻から静かに鼻咽頭に挿入し、鼻中隔の近くで鼻の底部に保持し、回転させて取り出します。

STEP 3 検体の準備

0.5mLの緩衝液が入っている抽出チューブに 検体を含んだ綿棒を挿入し、 綿棒のヘッドを抽出チューブの底面と側面に押し付けながら 指先でつまむなどしながら少なくとも6回転させます。

綿棒を抽出チューブに差し込んだまま1分間置きます 。

チューブの外側から指で綿棒先端を 数回握り、綿棒を絞りながら引き出します。

抽出した溶液を試料液として使用します。

検査直前に密封されたパウチから検査カセットを 取り出し、平らで清潔なテーブルに置きます。

滴下チップを抽出チューブに しっかり取り付けます。
※検査前に検査カセット、検体、緩衝液を室温(15℃-30℃)にしてください。

STEP 4 検査と結果の解釈

滴下チップを取り付けた抽出チューブを 検査カセットの各サンプルウェル(S)に、 それぞれ4滴(約100μl)ずつ滴下します。

色つきのラインが表示されるまで待ちます。15分以内に結果が判定できます。
20分を超えての結果は全て無効となります。結果を解釈しないでください。



お届けするお品物について

製品名: Influenza&COVID-19 Ag Combo Rapid Test
内容: 本体カセット20個・滅菌綿棒20本・抽出チューブと滴下チップ20個・緩衝液2本・作業台・説明書/1箱
有効期限:

製造から2年

在庫品の期限:

2022年10月

概要

     
説明書: 添付文書
特徴: 新型コロナウイルス(COVID-19)とインフルエンザA/Bを一括で判定できるコンボキット/検体に含まれるSARS-CoV-2抗原を15分で判定
イムノクロマト法による判定、特別な機器は不要
性能: 新型コロナウイルス(317検体中)
  • 相対感度:96.72% (95%CI*:88.62%-99.60%) *信頼区間
  • 相対的特異度:99.22% (95%CI*:97.21%-99.19%)
  • 精度:98.74% (95%CI*:96.80%-99.66%)
インフルエンザA型(111検体中)
  • 感度:92.6%
  • 特異度:96.4%
  • 精度:95.5
インフルエンザB型(125検体中)
  • 感度:90.0%
  • 特異度:95.8%
  • 精度:94.4
販売: 米国ヒールジェン(Healgen Scientific, LLC.)
原産: オリエントジーン (Orient Gene) 社製
承認: CEマーク(EU加盟国基準適合)取得
証明書: MSDS・CEマーク証明書提供可
交差反応: 以下との交差反応は認められませんでした。

新型コロナウイルス抗原検査において

Respiratory syncytial virus Type A、Respiratory syncytial virus Type B、Novel influenza A H1N1 virus (2019)、Seasonal influenza A H1N1 virus、Influenza A H3N2 virus、Influenza A H5N1 virus、Influenza B Yamagata、Influenza B Victoria、Rhinovirus、Adenovirus 3、Adenovirus 7、EV-A71、Mycobacterium tuberculosis、Mumps virus、Human coronavirus 229E、Human coronavirus OC43、Human coronavirus NL63、Human coronavirus HKU1、Parainfluenza virus 1、Parainfluenza virus 2、Parainfluenza virus 3、Parainfluenza virus 4、Haemophilus influenzae、Streptococcus pyogenes、Streptococcus pneumoniae、Candida albicans、Bordetella pertussis、Mycoplasma pneumoniae、Chlamydia pneumoniae、Legionella pneumophila、Pooled human nasal wash”


インフルエンザ抗原検査において

バクテリアパネル:
Acinetobacter calcoaceticus Bacteroides fragilis,Neisseria gonorrhoeae Neisseria meningitidis,Pseudomonas aeruginosa Staphylococcus aureus,Streprococcus pneumoniae Streptococcus sanguis,Proteus vulgaris Streptococcus sp.Gp.B,Streptococcus sp.Gp.C Streptococcus sp.Gp.G,Mycobacterium tuberculosis Mycoplasma orale
バイラルパネル:
Human Adenovirus B Human Rhinovirus 2,Human Adenovirus C Human Rhinovirus 14,Adenovirus type 10 Human Rhinovirus 16,Adenovirus type 18 Measles,Human Coronavirus OC43 Mumps,Human Coxsackievirus A9 Sendai virus,Coxsackievirus B5 Parainfluenza virus 2,Human herpesvirus2 Parainfluenza virus 3

非干渉物質: 以下にリストされたいくつかのOTC 製品、主要な化学物質は、インフルエンザA&B 抗原迅速検査に干渉しませんでした。

全血(2%); 3 種類のOTC マウスウォッシュ(25%); 3 種類のOTC スロートドロップ(25%); 3 種類のOTC 点鼻薬(10%); 4-アセトアミドフェノール(10mg/ mL); アセチルサリチル酸(20mg / mL); クロルフェニラミン(5mg / mL); デキストロメトルファン(10mg / mL); ジフェンヒドラミン(5 mg / mL); エフェドリン(20mg / mL); グアイアコールグリセリルエーテル(20mg / mL); オキシメタゾリン(10mg / mL); フェニレフリン(100 mg /mL); およびフェニルプロパノールアミン(20mg / mL)

注意点:
  • 本品は体外診断用医薬品ではなく試験研究用としての使用に限定されます。
  • 検体採取及び取り扱いについては、必要なバイオハザード対策を講じてください。
  • 本品はSARS-CoVとの反応性が確認されています。 なお、本邦承認済みの抗原簡易検査キットもSARS-CoVとの反応性がございますが、緊急性を鑑み許容可能として承認されております。

各種情報は製造元の提供です。

投稿者プロフィール

情報技術部
情報技術部
アークエイム株式会社をご利用いただき誠にありがとうございます。
ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せください。
宜しくお願いいたします。